◆茎葉が食べられる新しいタイプのサツマイモ「すいおう」

「すいおう」は実はサツマイモのこと。

普通のサツマイモは、茎や葉の部分は苦くて食べられませんでしたが、その一方栄養素がとっても豊富に含まれていることが解っていました。

「栄養豊富な茎や葉も食べられるサツマイモを作れないか」と数々の研究によって作られたのが「すいおう」というサツマイモです。

すいおうは粉末にして様々な食品に加工されたり、お茶や青汁にして飲んだりと活用されています。

◆すいおうに含まれている栄養素とは?

すいおうにはビタミンやミネラルが豊富で青汁などに活用されているケールにも匹敵するほど栄養価が高いことが解っています。

また、ポリフェノールやルテインといった健康や美容などにも良いと言われている成分も豊富に含まれています。

日本人に不足しがちな栄養素である食物繊維も豊富です。

◆すいおうの機能性がダイエットに効果的?!

すいおうには学会等で報告されている様々な機能性があります。

その中でも以下の作用はダイエットに効果的だと注目されています。

・血糖値上昇抑制作用
血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。血糖値が上がると糖を脂肪に換えてしまうインスリンが大量分泌されてしまい、太りやすくなってしまいます。上昇を抑えることで脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。

・肝脂肪蓄積抑制作用
すいおうの粉末を動物に与えたところ、肝臓中の総コレステロールや中性脂肪が抑えられたことが解りました。コレステロールや中性脂肪は健康はもちろんメタボに悩む人にとっても改善したいもの。年齢が上がるにつれてコレステロール値が気になっているという方には特に嬉しい作用です。

・痩せホルモンGLP-1を分泌させる
すいおうに含まれているポリフェノールにはGLP-1というホルモンの分泌を促進させることがわかりました、GLP-1は「痩せホルモン」と呼ばれていて、糖を脂肪に換えず、筋肉に運んで有効活用する役割を持っているホルモンです。痩せやすい身体づくりのためにはGLP-1の分泌量を増やすことが重要だと言われています。

この3つの作用から、「すいおう」はダイエットをしたいと考えている方や脂肪を落としたいと考えている方に注目されています。

◆美容にも嬉しい効果がある「すいおう」

ダイエットや健康面だけではなく、すいおうには美容にも良い作用があります。

・抗酸化作用
抗酸化力の高いポリフェノールなども豊富に含まれており、他の野菜などに比べても交差化作用が高いことが報告されています。抗酸化作用は肌の老化を防いでくれるので、アンチエイジングや美肌にも良い作用として注目されています。

・メラニンの生成を抑制する作用

シミの原因であるメラニンの細胞にすいおうに含まれている「カフェ酸誘導体」を添加するとメラニンの生成が抑えられたことが報告されています。

メタボが気になる男性はもちろん、女性にも注目してほしい食品です。

◆「すいおう」を摂取するには?

すいおうはナムルや煮びたしなどにして食べる方もいますが、まだまだ全国的に出回っている野菜ではないので手に入れるのが難しいです。
そのため、加工食品などで摂取する方法がオススメです。

すいおうは現在お茶や青汁として商品化されています。また今後はサプリメントやタブレットなどの栄養補助食品としての展開も期待されています。

すいおうを活用した健康食品から摂取してダイエットに役立てていきましょう!

投稿日:

Copyright© sweet , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.